• まり子 鈴木

お母様談「最初はコンクールなんて考えてなかったけど、こんなにコンクールで磨かれるものがあるなんて…

最終更新: 11月18日

一から鈴木ピアノ教室で学んだ生徒さんがピティナコンペティションで受賞しました☆



こちらに、この夏のコンペで受賞した小学4年生の生徒さん掲載されました。


あ、コンペはコンクールって意味です。笑



今年はコロナで例年とは違って動画で投稿スタイルでしたが、カンタービレ賞を受賞出来ました!



この賞とこの生徒さんの点数は、例年の目安で行くと全国大会まであと0.5点!というところなんです。




ピティナは幼稚園生~小学生が受けられるコンクールの中で全国最大規模、参加人数日本一なので日本で一番レベルの高いコンクールなのですね♪



ですから、このコンクールは他のコンクールより受賞するのが難しい、このコンクールで全国大会まであと0.5点までいけたのは本当にすごいことなんですね♪





鈴木ピアノ教室では、ピティナコンペティション全国大会現役審査員の先生(私の師匠なんです)と連携して特別レッスンをご希望の方にはコンクール前に受けて頂くことが可能です。


ですから、「うちの子は受賞可能範囲か?」がわかりますし、


最短距離でコンクール受賞への道のりが用意されていますよ☆





こちらが今回受賞した盾です。


こういうキラキラしたものをもらえると、子供は俄然ピアノへの意欲が湧きますね。


努力した自分が認められた証ですから。







お母様も「最初はコンクールなんて考えていなかったけど、コンクールに出ることでこんなに磨かれるものがあるんだなって。また出たいです」


生徒さんもこの雑誌の掲載を「わあ~♡(*'▽')」と嬉しそうに眺めていました♪







この生徒さん、特別な才能があるんだろう?と思いますか?


いいえ、年長さんで鈴木ピアノ教室に来て初めて「ドの音ってどこ~?」から始めたんです。


あなたのお子さんと同じですよ。




ただ、彼女と彼女のお母さんは先生の言うことを守って日々努力したので、全国大会まで0.5点というカンタービレ賞を頂けたんです。



ピアノというのは才能は5%にも満たなくて努力なんですよ。










あとは才能を引き出す指導法です。





4回の閲覧